« アメリカの景気刺激対策法案(環境・エネルギー対策編) | トップページ | 政治の話題では、ありませんが、侍Japan、WBC優勝おめでとう! »

2009年3月21日 (土)

二酸化炭素削減ワールドカップ開催?~温暖化防止するための一案~

温暖化防止することは、全世界的な課題であることに、異論をはさむ人は、少ないだろう。

温暖化を防止するには、温暖化を誘発する主要な温室効果ガスである二酸化炭素をどの程度、削減すれば、良いのだろうか?

◆世界で、年間72億炭素トンの二酸化炭素を排出
年間72億炭素トン、これは、2005年現在、世界中で、私たち人間が、排出している二酸化炭素の量(炭素換算)
気候変動に関する政府間パネル(IPCC)が、公表した報告書がまとめた数字。
詳しくは、下記をご参考ください。
「IPCC第4次評価報告書第1作業部会報告書政策決定者向け要約(2007,確定訳)」
http://www.data.kishou.go.jp/climate/cpdinfo/ipcc/ar4/ipcc_ar4_wg1_spm_Jpn_rev3.pdf

◆地球が吸収する二酸化炭素の量は、年間31億炭素トン

一方、地球には、大気中にある二酸化炭素を吸収してくれる。
まず、森林や植物など陸上の生物が吸収してくれる量が、9億炭素トン、そして、海洋22億炭素トンを吸収してくれる。
都合、年間31億炭素トンの二酸化炭素を、地球が吸収してくれる。

と言うことは、年間31億炭素トン以下でなければ、温暖化は防止できない、ということ。
つまり、2005年を基準とすれば、世界中で、少なくとも41億炭素トンを削減しなければならない。

◆41億炭素トン削減するには?

温暖化を防止するには、下記2つの方策しかないのは、自明

・人間が、排出する二酸化炭素の量を、削減する
・地球が、吸収する二酸化炭素の量を、増加させる

森林を増やすことはできても、海を増やすことは、さすがに、人間の力では、無理だろう。
よって、排出量を削減することが、最優先すべき防止策であることは、明らか。

世界の二酸化炭素排出量は、下図

◎世界の二酸化炭素排出量2005年

Nisankatansohaishutu05world

出所:EDMC/エネルギー経済統計要覧2008を基に作成(チーム『民』)

日本の排出量は年間3.41億炭素トン
単純換算する、削減しなければならない量は、
3.41×41/72=1.94億炭素トン

1990年の二酸化炭素排出量は、3.12億トンだから、
1990年比の62%を削減しなければならないことになる。

早急に、温暖化防止の長期目標を設定しなければ、ならない状況にあるが、1.94億炭素トンが、削減目標の基準値となる。

2050年までに、二酸化炭素排出量2.5億炭素トン(90年比80%)の削減ぐらいを設定して、削減に取り組むぐらいが、妥当では、ないか。
(目標値の80%達成で、3.12億トンの最低目標が達成できる)

大変なことではあるが、温暖化防止することは、未来にも続く社会を実現するには、必要不可欠なこと。

温暖化防止は、全世界レベルの課題であると、同時に、経済を牽引する大きな要素である。
どの国が、最初に最低削減目標を達成するかを、競争すれば、良いのではなかろうか。
この際、二酸化炭素削減ワールドカップでも開催すれば、面白いんじゃないかと、まじめに、考えたりする。

私も興奮しながら見ているWBC。
WBCほどエキサイティングとは、言えないが、WBCの優勝以上に、二酸化炭素削減ワールドカップの優勝は、名誉あること。
大きな目標を達成するには、国の威信をかけた競争意識も、また必要な要素だろう。

二酸化炭素削減ワールドカップに優勝すれば、悲願である国連の常任理事国の座も手に入るのでは。

よろしければ、こちらを、クリックしてください。 にほんブログ村 政治ブログへ

|

« アメリカの景気刺激対策法案(環境・エネルギー対策編) | トップページ | 政治の話題では、ありませんが、侍Japan、WBC優勝おめでとう! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

環境」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。